今朝のなかご山

 遅い梅雨入りも一日降れば、もうたくさん↑だ。
たくさん↑って云うのはこちらの方言で、もう飽和状態でよっぱらだって云う意味です。
よっぱらってのは、過剰でもうたくさんだってことです。
何を言ってるんでしょうねcoldsweats01

とにかく、雨上がりは曇りでもうれしい。
今朝のなかご山をどうぞ。
Dscf2816
稲は順調に生育しています。
Dscf2812

Dscf2813

Dscf2817

Dscf2822

Dscf2827

Dscf2825

写真撮れるほど、この時期は余裕ができたってこと、サhappy01

| | コメント (0)

松島~仙台 行

かねてからおばあちゃんが行きたがっていた仙台に、とうとう皆で出掛けましたよ。
松島 仙台 秋保温泉 旅行です。
北陸自動車道→磐越自動車道→東北自動車道→仙台南部道路→仙台東部道路
片道350kmのドライブでした。

姉さんたちと合流できてほっとした。

Dscf2685

Dscf2686

松島 遊覧船

Dscf2708

 

Dscf2714

Dscf2707

秋保温泉へ

Dscf2719

秋保大滝

Img_0110

Dscf2720

一泊7700円 え~!

Dscf2726

名取川 磊々峡(らいらいきょう)

Dscf2735

Dscf2740

青葉城址

Dscf2762

Img_0111

艦船 矢矧(やはぎ)

Dscf2766

瑞鳳殿

Dscf2770

Dscf2774

Dscf2777

榴岡公園 兵舎跡

Dscf2802

Dscf2797

Dscf2791

Dscf2792

Dscf2789

帰路

Dscf2810

 無事に旅行を終えて家に帰ったら、catがニャーって喜びました。

やっぱり わが家はいいな~


| | コメント (2)

くろ薙ぎ 終了

毎朝一本づつ、こつこつとこなしてきたなかご山の草刈り、ようやく終了の時を迎えました。
完成したわたしの力作をどうぞ!
Dscf2655

Dscf2666

Dscf2669

Dscf2672

Dscf2678

やっと間に合った~

| | コメント (2)

stranger!

突然の人間の声のような音に、えっ?何だっけ、この音。

なかご山に着いてすぐに違和感を覚える。

彼らはそばの高い木の枝を揺すって、騒いでる。
あ!(写真ありません)

すっかり動揺するわたしの前を走り抜けるのは山うさぎ。
この前はすぐそばの畦でカモシカがこっちを向いてたし、リスも軽トラの前を走る。
ここは動物園だっけ?

翌朝、なかご山の作業小屋に行くとせっかく守ってきた山ユリを荒らした跡。
何てこった。
Dscf2650

Dscf2652

とうとうやって着た、彼らは猿だ。



| | コメント (2)

田植え後10日目

田植え後10日目 晴れです(きのう)。
Dscf2641

Dscf2642

Dscf2643

Dscf2645

少し大きくなりました。

草刈り始まっています。

| | コメント (2)

白いニセアカシアの花は

白いニセアカシアの花は、今朝の一番新しい陽光に輝く。
今や山じゅうにこの花が咲いて、いい香りを放っている。

喜んだ鳥たちがさえずる。

Dscf2648

Dscf2647
それに出会えるのは、早起きの特権だよ~

| | コメント (2)

そよ風に揺れて オダマキ

そよ風に揺れて 涼しいオダマキの花

Img_3180

Img_3181

Img_3184

Img_3185

この透け感が優雅だね~


| | コメント (2)

忘れな草 ツルハナシノブ

忘れな草の青は印象的だ。
Img_3154

Img_3126

ツルハナシノブなら、こうです。

Img_3124_2

うふふ~

 

| | コメント (2)

五月雨

五月雨 さみだれって読むの?

先週の田植えからこっち、出勤前は捕植に1時間づつ。たぶんこんなことをしてるのは職場で私以外にはいないだろうな~。
ようやく一連の作業が終了して今日は雨なんか降るから、もうわたしは気が抜けてしまう。
Dscf2636

Dscf2635

Dscf2639

Dscf2638

Dscf2633

あの山古志はすぐ山の裏側って云うくらい近いので暮らしぶりも同じ。
朝何時に起きれば、日の出を未明の棚田の入れることができるのでしょうか。もっと早起き(もっと?)をして大沢入の田んぼの写真を撮りにいこうっと。

サンキュー!

| | コメント (2)

オオデマリの満開

白くて大きい花のオオデマリ
Img_3139

Img_3135

Img_3137

大きすぎて飾れない、そうう云う花です。

| | コメント (4)

«アントワネット no.2