« 20人のインディアン | トップページ | 再び森へ »

建石の全貌

わが最も近くにある看板付き景勝の地 《建石》 が、秋の落葉により全貌を現した。まわりに池も売店もいらない、このまま、このまま。_1303_2     _1306_1305_1

_1304_1わっ 象さんだ!

|

« 20人のインディアン | トップページ | 再び森へ »

風景」カテゴリの記事

コメント

大きな岩は圧巻です。落ち葉もすごいね。自然の岩が最高ですよ、やっぱり。バスツアーの中に「日本のグランドキャニオン!」と書いてあった。着いた先はなんと銅の精錬で亜硫酸などの物質を含んだ煙のため草木も生えなくなった山。土も流れて岩だけになった、工業のため自然を破壊した姿だったんだ。驚き、がっかり!!自然を大切にしたいものです。

投稿: ひので | 2006年11月25日 (土) 09時15分

そうですね。
 今朝はすっかり冷えて、朝出勤の途中にある田んぼはザイが張っていました。ザイってなんだか知ってます?薄氷のことです。ザイのほうが手に取ってざくざくとすることまで表現しています。

投稿: boowan | 2006年11月25日 (土) 22時32分

ザイってはじめて聞きました。冷たくて寒そうな感じ。こちら、だいぶ寒くなってきて周りの山が色付いて来ました。鉢植えの花も冬に衣替え。パンジーを植えました。

投稿: ひので | 2006年11月25日 (土) 23時32分

私の記憶にはないけれど、その昔はザイが張ってもまだ取り入れをしていたもんだと親が言っていました。すべて人力の時代のことですね。
我が家でも家族が9月にパンジーの種を蒔き、今3㎝くらいです。冬を越して春までまだまだ長丁場です。

投稿: boowan | 2006年11月26日 (日) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 20人のインディアン | トップページ | 再び森へ »