« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

紅葉 1st

冷え込んできました。
気が付いたら、庭の紅葉が始まっていました。
何の木?
Img_2801

Img_2800

Img_2798

答えはブルーベリーでした。

紅葉1st happy01

| | コメント (2)

ナナカマドの葉は

今年のナナカマド
Img_2749

Img_2794

Img_2780

Img_2751

赤い実を緑の葉は讃えるが、やがてみずからももっと赤く輝くだろう なんちゃってcoldsweats01

えへconfident

| | コメント (6)

咲かないリンドウ

いくらカメラを向けても、咲かないリンドウ。

リンドウの花は日に当たった時だけ開くので、この時期完全に開いているのを見るのは希だ。花を長持ちさせる仕組みなんだそうです。
気温が低くても、雨でもあの螺旋のひだを折り畳み傘のように畳んでつぼみに戻ってしまう。
Img_2790

Img_2788

Img_2792
う~ん 咲かない think
Img_2789

Img_2793


やさしい色合いの後ろの力強さ、こぼれ種で繁殖力は十分だ。

| | コメント (1)

桃色の風船

まごろくの畑脇に植えたコキア、紅葉してきて

Img_2782

Img_2785

Img_2783
抱えれば、ふんわりと空に上って行きそう~
桃色の風船confident

| | コメント (3)

たとえば 里芋掘り

たとえば 里芋掘り さあ、掘りますよ~

Dscf2424

Dscf24231
秋の百姓の仕事は、腰の痛くならない作業はない(春もそうだっけ、そう言えば夏もだけどcoldsweats01)。
鯉上げ、アズキもぎ、そば刈り、稲刈り みんな前かがみだ。
この時期、晴れの日は大忙しです。

| | コメント (2)

遊覧船は見送った

紅葉の様子を見に奥只見まで rvcar

紅葉狩りにはまだ少し早すぎて、イワナの炭火焼きのみが救いだ。
日の当たっている時は温かいが、日が陰ればもう寒いし。

したがって、最終のダム湖の遊覧船は見送った。
気持ちは微妙だ、なんかチャンスを逃したようで。Dscf2421

例えば北アルプスとか、高い山々ではすっかり紅葉したでしょうか。

里のモミジが赤いワイン色wineになるのは、もう少し先です。

thank you!

| | コメント (2)

黄色い花束

すっかり勢いを無くした花々を尻目に、この黄色い花束だけは元気がいい。

Img_2778

Img_2776

Img_2777
ヤナギバヒマワリ

新米は食べましたか、お味はいかがでしょうか。
みなさんから届くお礼の言葉が、褒めてもらったようで何よりうれしい。
春から頑張った甲斐があります。



| | コメント (3)

モスピンクの花束

秋明菊
どうして花束になるのか

Img_2781

Img_2747

Img_2745

Img_2748
それは
嵐で花が倒れるたびに、おばあちゃんが紐で結わえて起こしてあげるから

それが モスピンクの花束confident



| | コメント (2)

赤い花束

confident 待ち望んでいたこの花束 赤い曼殊沙華。
つぼみがたくさん出来ました。
Img_2741

Img_2766

Img_2769
来年も再来年も、もっと もっと増えたらいい。

| | コメント (2)

稲刈りの後のごほうび

稲刈りの後のごほうび
ドライブ rvcar ~
Img_20161004_1428211

Img_20161004_143723

Img_20161004_144642_2 Img_20161004_144616_2
出雲崎 道の駅天領の里
夕日まで待てないので、自動販売機の写真で代用しました。


| | コメント (2)

農作業メモ 2016

不意に漂ういい香りに、見上げると金木犀のオレンジ色の小さな花が見つかる。
いつもこの香りで開花に気づく。
Img_2762

Img_2764

Img_2761

ようやく秋の収穫作業が終わりました。
長期休暇を取って臨んだが、天気予報に振り回された。当てにならない週間天気予報に呆れる。
9/10 コガネモチ稲刈り
9/24 コシヒカリ1st稲刈り
9/27 コシヒカリ2nd
9/28 コシヒカリ籾摺り
9/29 もみ殻袋詰め
9/30 もみ殻運搬 玄米2階運搬 コガネモチ稲上げ コンバイン洗浄
10/1 精米 モチ籾摺り コンバイン注油格納
10/2 なかご田んぼ水口閉め 

10/3 お米 送りましたよ~happy01

| | コメント (2)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »