なかご山のリンドウ群生は

なかご山のリンドウは今が満開。
花が開くには、お日様と気温が必要です。
Dscf3337

Dscf3341

Dscf3351

Dscf3352

Dscf3356

大事にしてたら、群生が出来ました~

| | コメント (4)

秋明菊 ②

また 秋明菊です。今度はなかご山バージョンでsun

Dscf3360

Dscf3358

Dscf3359

あれ! 左上に軍手がこんにちは~ してますよ。

明日 ラストの稲刈りの予定です。

| | コメント (2)

コスモスとアゲハ

なかご山にコスモスが咲き出した。

Dscf3249

Dscf3247

Dscf3246

久しぶりに写真を撮ってたらアゲハがやって来て、もしわたしが子供なら鬼ごっこです。
Dscf3268

Dscf3259

Dscf3271

動くので難しい~
どの位置がいいか、わからないthink あわてるhappy01

| | コメント (2)

白いニセアカシアの花は

白いニセアカシアの花は、今朝の一番新しい陽光に輝く。
今や山じゅうにこの花が咲いて、いい香りを放っている。

喜んだ鳥たちがさえずる。

Dscf2648

Dscf2647
それに出会えるのは、早起きの特権だよ~

| | コメント (2)

竹の花

Img_3157

Img_3158

長年生きてきたけど、初めて見た~
Dscf2604

Dscf2607

Dscf2612

ネマガリタケ

竹林一帯に花が咲きました。
120年とか60年とかに一度しか咲かないって
しかも、その後その竹林が枯れてしまうと言うのだけれど、どうなんだろう。

| | コメント (2)

水辺の水芭蕉

庭の水芭蕉が咲きました。
白い包の初々しさが眩しい。
Img_3023

ほら ランプシェードのように陽の明かりを透かしてみれば、なおさら素敵だ。

Img_3018

水辺の水芭蕉confident


| | コメント (2)

ふきのとう 喜ぶ

雪が消えた地面から、ふきのとうが起きだしました。

Img_2902

Img_2903
ふきのとう 諸手を挙げて喜ぶ。
Img_2896

何を隠そう、こちらまだまだ雪があるんです。

| | コメント (2)

ナナカマドの葉は

今年のナナカマド
Img_2749

Img_2794

Img_2780

Img_2751

赤い実を緑の葉は讃えるが、やがてみずからももっと赤く輝くだろう なんちゃってcoldsweats01

えへconfident

| | コメント (6)

咲かないリンドウ

いくらカメラを向けても、咲かないリンドウ。

リンドウの花は日に当たった時だけ開くので、この時期完全に開いているのを見るのは希だ。花を長持ちさせる仕組みなんだそうです。
気温が低くても、雨でもあの螺旋のひだを折り畳み傘のように畳んでつぼみに戻ってしまう。
Img_2790

Img_2788

Img_2792
う~ん 咲かない think
Img_2789

Img_2793


やさしい色合いの後ろの力強さ、こぼれ種で繁殖力は十分だ。

| | コメント (1)

萩娘

秋は萩娘
Img_2673

Img_2675

Img_2707
枝の細さ、葉の細やかさ、その立ち姿、萩は遠くから見た方が趣きがあるね~
近づいてみれば、いたって地味系だ。
Img_2706
山里の萩娘を語ってる間に、
ほら、背景の田んぼは金色から茶色に変わりました。
Img_2717

| | コメント (2)

より以前の記事一覧